携帯電話の歴史 TOP

このサイトについて

電話が誕生してから100年以上経過しています。
携帯電話が一般に普及したのはほんの10年前、家族が1人1台ずつ携帯電話を持つようになったのはほんの数年前です。

従来は、自宅や会社の固定電話が普通で、外で電話をかけたくなったら、街中にある公衆電話まで行かなければなりませんでした。

ところで日本国内で携帯電話は、1970年の日本万国博覧会で登場していたのです。
入館者が携帯電話を借りて、会場内のブースから電話をかけることが可能でした。
しかし、この時の携帯電話は技術的に問題があったため、全く普及せず、一般に普及することはありませんでした。
また、携帯無線通信機器も登場しましたが、周波数を合わせることが難しく、至近距離のみの通信しかできなかったため、一部のマニアにしか普及しませんでした。

次に、日本国内で登場したのが1979年の自動車電話です。
自動車電話は日本電信電話公社にてサービスが開始されました。
その後、自動車電話がどんどん小型化されていき、1987年に携帯電話が登場しました。
ただし、この時、電話機はレンタル方式、料金も2万円超であったため一般人が手軽に利用できるものではありませんでした。

その後、さらに電話機が小型化し、通話料金が安くなり、加入者数も増加しました。
加入者の増加により、デジタル方式のサービスを開始しました。
90年代後半には徐々に携帯電話を持つ方が増え、現在に至っています。
 

    携帯電話の歴史

    おすすめ情報

    Copyright(C) 携帯電話の歴史 All Rights Reserved.